夏期インターン生からのお手紙

夏期インターン生からのお手紙

8月中旬より開始したH27年夏季インターンシップは、9月18日(金)の修了式にて無事終了しました。
今回のインターンシップでは九州国際大学、九州産業大学、北九市立大学からインターン生をを受け入れました。

多くのインターン生からお手紙が届いていますので、一部ご紹介します。

===  お礼の手紙 ===

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたびは、10日間にわたり大変貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。

初めてのインターンシップで緊張しているうえ、未熟で何も分からない私たちに温かく丁寧に指導して下さった皆さま、また大変親切に接して下さった皆様に心より感謝しています。

実際の業務に携わり、私の想像していた以上に業務一つ一つに大きな責任が伴っていることを学びました。
封入作業1つをとっても、お客様への影響はもちろん、社員のみなさま、チームメンバーひいては自分自身に与える影響は大きいからです。

また、単純な作業の中にもさまざま細かい心配りが必要とされていることや、日々の成果と目標を明確化し、皆で一体となることの大切さを実感しました。

オフィス業務だけでなく放課後の英語活動やイングリッシュサマーキャンプに参加させていただき、子供たちとも楽しい時間を過ごすことができ、英語だけで子供たちに接する貴社の教育法も体験することができました。

木下社長をはじめ実際に勤務しておられる皆様の生の声をお聞かせいただき、活き活きと活躍されている姿を拝見できましたことで貴社で働きたいという思いが一層強くなりました。

お忙しい時間を割いてご指導を賜りましたことを心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

===  以上 お礼の手紙 ===

来年の夏も待っていますよ。みなさんのお役に立てたようです。こちらこそありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です